FP情報

税金関連

給与所得の計算

企業から支払われる給料、賃金、賞与などが給与所得に該当します。給与所得が年間2,000万円以下であれば、年末調整にて所得税額が精算されるため確定申告は不要となります。 給与所得は、収入からサラリーマンの必要経費に相当する給与所得控除...
資金計画

元利均等返済で頭金を入れた時の月返済額の差

元利均等返済による住宅ローンなどで、頭金を入れるとどれぐらい返済額に差がでるのかを計算します。 計算式 毎月の返済額 = (借入金額 - 頭金) x 金利 x (1+金利)^返済回数 / ((1+金利)^返済回数 − 1) ...
社会保険

主婦(第3号被保険者)の年金受給額の計算

国民年金の第3号被保険者は、自分で保険料を納付する必要がありません。 第3号被保険者は国民年金の加入者のうち、厚生年金、共済組合に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の主婦が対象となります。 老齢基礎...
社会保険

サラリーマン(第2号被保険者)の年金受給額の計算

厚生年金に加入している会社員や公務員の方を、第2号被保険者といいます。(ただし、65歳以上であって、老齢年金などの受給資格のある方を除きます)。あまり意識することはないと思いますが、勤務先で加入の手続きが行われています。 第2号被保...
資産運用

目標利回りを得るための株価計算

株式投資時に年間の目標利回りを設定し、目標を達成するための株価を計算します。 計算例 例)株価1900円を100株購入し目標利回りを10%としたい。1株あたりの配当金が60円が得られた。目標利回り10%を得るための株価はいくら...
資産運用

公社債投資信託の売却時の受取額計算

公社債投資信託を売却して、換金する場合の計算をします。信託財産保留額及び税金を考慮して実際に受け取る金額の計算を行います。 公社債投資信託を途中売却する場合、「解約」と「買取」の2種類がありますが、「買取」のケースはあまりないため、...
資産運用

金利と利息

「利率」ともいう。一定期間お金を借りるときに「元本に対する割合」を年あたりに換算したものを利率(すなわち金利)という。この決められた利率に基づいて支払われるお金を利息という。 銀行に対しては、預金者が銀行にお金を預けている(貸してい...
資産運用

年平均利回り計算

年平均利回りとは、一定期間で得られる利息が1年あたりでいくらになるかを計算して、それを元本で割ったものである。 計算式 年平均利回り(%)=(満期時の利息合計 / 元本)/ 預入年数 x 100 計算例 例)元本...
税金関連

可処分所得の計算

可処分所得は、収入から支払い義務のある社会保険料と税金を差し引いた金額となります。 給与所得のみ場合は、給与明細で分かるように社会保険料と税金が控除されて支給されています。 更に生命保険や財形貯蓄など天引きされている方もいますが、こ...
社会保険

雇用保険料の計算

雇用保険は、失業時の手当や雇用の継続に必要な給付を行う保険です。保険料は、保険料の一部を労働者が負担し、残りを事業主が負担します。 雇用保険料の計算式(平成28年更新) 雇用保険料 = 年収(給与+賞与)× 雇用保険料率 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました