Pocket

資産運用

株式投資信託の売却時の受取額計算

株式投資信託を売却して、換金する場合の計算をします。譲渡所得税及び信託財産保留額を考慮して実際に受け取る金額の計算を行います。2009年(平成21年)以後は、買取請求又は解約請求による売却のどちらを選択しても譲渡所得として課税され、経済的な...
資産運用

資金を一定期間で取り崩すときの取崩額計算

年金などの資金を複利運用しながら取り崩して行くとき、一定の期間でいくら取り崩すことができるかを計算します。 計算式 資本回収係数を用いて計算します。取崩可能額 = 資金 × 年金現価係数資本回収係数 = 年利率 ÷(1 ー ((1 + 年利...
Python

Pythonで作る目標額に達するために必要な積立額計算

目標額に対して、毎年いくら積み立てていけばよいかを計算します。 目標額に達するために必要な積立額を計算するには、将来の目標額に対する現在価値を計算し、それを元に積立額を算出する必要があります。 計算式 積立金額を算出するために減債基金係数を...
Python

Pythonで作る株式売却時の実現利益の計算

ポケットプランナーでは様々な計算ができるようにしていますが、数値を色々と変えたり時系列の変化を見たりするには限界があります。そこでpythonというプログラミング言語を使ってシミュレーションを行えるようにしてみます。 Google cola...
資産運用

目標額に達するために必要な積立額計算

目標額に対して、毎年いくら積み立てていけばよいかを計算します。 計算式 積立金額を算出するために減債基金係数を用いて計算します。積立金額(毎年) = 目標額 × 減債基金係数減債基金係数 = 年利率 ÷((1 + 年利率)^年数 ー 1) ...
Python

Pythonで作る元本を一定期間、複利運用したときの金額計算

定期預金等で元本を一定期間、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  複利運用するときの係数は、終価係数を用いて計算します。 金額 = 元本 × 終価係数 終価係数 = ( 1 + 年利率 ) ^ 年数 python...
Python

Pythonで作る毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

毎年生活費として、一定の金額を取り崩して行くときに年金などの資金がいくら必要となるかを計算します。 毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金を計算するためには、将来の現金の流れを考慮して、現在価値(PV)を求める必要があります。PVは、将...
資金計画

住宅ローンー元利均等による毎月の返済額計算(ボーナスなし)

住宅ローンなどにおいて、元金と利息の合計が、返済開始から返済の終了期間まで均等となるように毎月の返済額を計算します。 ボーナスでの返済がない場合の計算です。ボーナスありの場合はこちらを参照。 計算式 毎月の返済額 = 借入金額 x 金利 x...
資産運用

公社債投資信託の売却時の受取額計算

公社債投資信託を売却して、換金する場合の計算をします。信託財産保留額及び税金を考慮して実際に受け取る金額の計算を行います。 公社債投資信託を途中売却する場合、「解約」と「買取」の2種類がありますが、「買取」のケースはあまりないため、「解約」...
税金関連

所得控除ー地震保険控除

特定の損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料または掛金を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。火災保険や総合保険などと合わせて地震保険に加入することが多いと思います。 地震保険控除の計算 地震保険料には廃止された...