資産運用

毎年積立を行って複利運用したときの金額計算

毎年、一定金額を積み立てて、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  年金終価係数を用いて計算します。 金額 = 積立額 × 年金終価係数 年金終価係数 = (((1 + 年利率) ^ 年数)- 1 ) ÷ 年利率 ...
Python

Pythonで作る目標額に達するために必要な積立額計算

目標額に対して、毎年いくら積み立てていけばよいかを計算します。 目標額に達するために必要な積立額を計算するには、将来の目標額に対する現在価値を計算し、それを元に積立額を算出する必要があります。 計算式 積立金額を算出するために減債基金係数を...
ファイナンス情報

社会保険料の計算

社会保険は、労働者が社会保障制度に加入することで、健康・年金・介護・雇用保険などの給付を受けることができる制度です。労働者と雇用者が保険料を支払い、国や地方自治体が補助金を出して運営されている。社会保険料控除は、所得税額から社会保険料を差し...
シミュレーション

住宅ローン – 繰上げ返済による期間短縮の計算

金利がいつ上昇するか分からない中、繰上げ返済を検討することも一つの選択肢となります。ここでは、繰上げ返済をいつ行うとどれぐらいの期間が短縮できるかを考えてみます。返済方法を一般的な元利均等返済とします。 まず、繰越返済をするとしても元金がい...
資産運用

目標利回りを得るための外貨売りレート計算

預入時為替レート(TTS)と円建て利回りを想定し、その利回りを得るための満期時為替レート(TTB)を計算します。 計算例 例)米ドル 1年、年利1%で定期預金をした場合に為替差益を含めて実質5%の利回りを得たい。満期時の為替レートはいくらか...
資産運用

貯蓄がある場合の目標額に達するために必要な積立額計算

住宅や車などの頭金を準備する場合に、貯蓄と目標額との差額に対していくら積み立てて行けばよいのかを計算します。 計算例 例)住宅購入を行うために、現在300万円あるが、5年後に資金として500万円準備したい。金利1%で運用すると毎年いくら積み...
税金関連

年金にかかる税金計算

老後の年金は「雑所得」となり、所得税と住民税が課税されることとなっています。 ただし、収入が公的年金のみの方で公的年金を受給する際、65歳に満たない方は受給額が108万円以下、65歳以上の方は受給額が158万円以下(下表の公的年金等控除11...
ファイナンス情報

定期預金を途中解約した時の計算方法

定期預金を途中で解約する場合、通常は金利が変更されることが一般的です。ただし、銀行や金融機関によっては、独自のルールが設定されていることがあります。具体的な計算方法は、契約した銀行の規約を確認してください。定期預金の商品説明に期限前解約利率...
税金関連

税額控除の計算

所得税額の計算を行いましたが、ここからさらに税額控除ができます。税額控除には現在のところ22種類あります。下記に一部をサンプルとして抜き出しています。 税額控除の種類  配当控除  外国税額控除  政党等寄附金特別控除  (特定増改築等)住...
税金関連

セルフメディケーション税制

2017年1月からセルフメディケーション税制が導入されました。所得控除が受けられるといわれていますが、どれぐらい節税できるのでしょうか? 周りの人に聞いても「何それ?」とあまり知られていません。知らなくてもいいでは、せっかくの節税のチャンス...