社会保険

健康保険料の計算

健康保険には、全国健康保険協会(協会けんぽ)、組合管掌健康保険及び国民健康保険があります。 協会けんぽでは都道府県別に健康保険料率が異なります。平成23年度の平均保険料率は9.5%になり、事業主と折半します。 組合管掌健康保険...
資産運用

目標利回りを得るための株価計算

株式投資時に年間の目標利回りを設定し、目標を達成するための株価を計算します。 計算例 例)株価1900円を100株購入し目標利回りを10%としたい。1株あたりの配当金が60円が得られた。目標利回り10%を得るための株価はいくら...
資産運用

毎年積立を行って複利運用したときの金額計算

毎年、一定金額を積み立てて、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  年金終価係数を用いて計算します。 金額 = 積立額 × 年金終価係数 年金終価係数 = ((1 + 年利率)^年数)ー 1)÷ 年利...
資産運用

株式投資における利回り計算

株式投資時の配当金及びキャピタルゲインによる利回りを計算します。 計算例 例)株価1900円を100株購入し1年間運用した。現在、株価が1950円、1株あたりの配当金が60円が得られた。この株式投資の年間利回りは? キャ...
教育関連

幼稚園にかかる学費

幼稚園にかかる学費は、下表のようになっています。私立は公立の約2.4倍の費用がかかります。 公立幼稚園 教育費用に関して3年間であまり変わりませんが、年長になるに従って学校外の習い事が増えていく傾向があります。 3歳4歳...
資産運用

株式投資信託の損益分岐点計算

株式投資信託は、申込手数料、信託報酬、信託財産留保額等の手数料及び分配金や売却益にかかる税金がかかります。損益分岐点を求めるために手数料及び税金を考慮して計算します。 計算例 例)基準価格10,000円で100,000口購入し...
資産運用

毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

毎年生活費として、一定の金額を取り崩して行くときに年金などの資金がいくら必要となるかを計算します。 計算式 年金現価係数を用いて計算します。必要資金 = 取崩額 × 年金現価係数年金現価係数 = (1 ー ((1 + 年利率)...
社会保険

雇用保険料の計算

雇用保険は、失業時の手当や雇用の継続に必要な給付を行う保険です。保険料は、保険料の一部を労働者が負担し、残りを事業主が負担します。 雇用保険料の計算式(平成28年更新) 雇用保険料 = 年収(給与+賞与)× 雇用保険料率 ...
税金関連

住民税の計算

道府県民税と市町村民税を合わせて住民税と呼びます。住民税は、前年の1月から12月までの所得に対して課税されます。このため、社会人1年目は徴収されず、退職後に給与がなくとも前年分の所得に対して課税されます。キャッシュフロー表にも忘れずに記入...
教育関連

小学校にかかる学費

小学校にかかる学費は、下表のようになっています。公立と私立の差はなんと約5倍です。小学校から本当に私立にいく必要があるのかはよく考える必要があります。 ちなみに、慶応義塾の普通部は初年度約130万円、以後約100万円x5年となり、卒...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました