ファイナンス情報

資産運用

株価損益分岐点計算

株価の売買には手数料及び株式譲渡益課税がかかるため、同じ株価で売買すると損失となります。このため、手数料及び税金を考慮して損益分岐点を求めます。 計算例 例)株価1500円、株数100株を購入したときに手数料と税金を考慮して、株価がいくら以...
税金関連

所得控除ー生命保険控除

生命保険料、介護医療保険料および個人年金保険料を支払っている場合に一定の金額の所得控除を受けることができます。 生命保険控除の計算 生命保険控除を求めるには保険契約を締結した日付にて新・旧に分かれます。 新契約:平成24年1月1日以後に締結...
税金関連

可処分所得の計算

可処分所得は、収入から支払い義務のある社会保険料と税金を差し引いた金額となります。 給与所得のみ場合は、給与明細で分かるように社会保険料と税金が控除されて支給されています。 更に生命保険や財形貯蓄など天引きされている方もいますが、これらは国...
資産運用

毎年積立を行って複利運用したときの金額計算

毎年、一定金額を積み立てて、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  年金終価係数を用いて計算します。 金額 = 積立額 × 年金終価係数 年金終価係数 = (((1 + 年利率) ^ 年数)- 1 ) ÷ 年利率 ...
資産運用

株式投資信託の損益分岐点計算

株式投資信託は、申込手数料、信託報酬、信託財産留保額等の手数料及び分配金や売却益にかかる税金がかかります。損益分岐点を求めるために手数料及び税金を考慮して計算します。 計算例 例)基準価格10,000円で100,000口購入した。分配金は、...
資産運用

年金を全額取り崩してしまうまでの期間計算

年金資産を生活費などで一定額取り崩して行った場合に何年で全額取り崩してしまうかを計算します。 計算例 例)退職金の1000万円を年利1%で複利運用しながら、毎月10万円(年間120万円)を取り崩して行きたい。何年間で全額取り崩すことになるか...
ファイナンス情報

定期預金を途中解約した時の計算方法

定期預金を途中で解約する場合、通常は金利が変更されることが一般的です。ただし、銀行や金融機関によっては、独自のルールが設定されていることがあります。具体的な計算方法は、契約した銀行の規約を確認してください。定期預金の商品説明に期限前解約利率...
資産運用

外貨買いレート損益分岐点計算

満期時為替レート(TTB)を想定し、預入時と満期時の円金額が同一になる預入時為替レート(TTS)を計算します。 計算例 例)米ドル 1年、年利1%で定期預金をする。満期時為替レート(TTB)を100円と想定する場合、預入時為替レート(TTS...
資産運用

毎年積立を行って複利運用したときに目標額を達成するまでの期間計算

毎年、一定金額を積み立てて、同じ金利(年利)で複利運用したときに目標額に達するまでの期間を計算します。 計算式 毎年積立を行って複利運用したときの金額計算を変形して年数を求める式を求めます。 金額 = 積立額 × 年金終価係数年金終価係数 ...
資産運用

公社債投資信託の売却時の受取額計算

公社債投資信託を売却して、換金する場合の計算をします。信託財産保留額及び税金を考慮して実際に受け取る金額の計算を行います。 公社債投資信託を途中売却する場合、「解約」と「買取」の2種類がありますが、「買取」のケースはあまりないため、「解約」...