資産運用

資産運用

投資信託の実現利益計算

投資信託の売買時の手数料及び税金を差し引いた実現利益を計算します。 株式売却時の実現利益計算 例)基準価格1500円で100株を購入し、株価1600円で100株すべてを売却したときの実現利益は? 前提条件 株式購入...
資産運用

株価損益分岐点計算

株価の売買には手数料及び株式譲渡益課税がかかるため、同じ株価で売買すると損失となります。このため、手数料及び税金を考慮して損益分岐点を求めます。 計算例 例)株価1500円、株数100株を購入したときに手数料と税金を考慮して、...
資産運用

目標利回りを得るための外貨売りレート計算

預入時為替レート(TTS)と円建て利回りを想定し、その利回りを得るための満期時為替レート(TTB)を計算します。 計算例 例)米ドル 1年、年利1%で定期預金をした場合に為替差益を含めて実質5%の利回りを得たい。満期時の為替レ...
資産運用

普通預金の利息計算

普通預金は頻繁に出し入れがあるので、預入金額に対して1年を365日として日割りで利息計算される。(うるう年でも365日とする場合が多い) 利息計算例 例)三井住友銀行の普通預金にて計算。 適用金利:市場金利の動向等に応じ...
資産運用

投資信託の購入計算ー金額で購入

ある金額で投資信託を購入しようとした場合、何口購入できるかを計算します。 計算例 例)毎月1万円づつ、ある投資信託を購入する。基準価格7,840円のとき何口購入できるか? 前提条件 申込手数料:1.05%(消費税5...
資産運用

資金を一定期間で取り崩すときの取崩額計算

年金などの資金を複利運用しながら取り崩して行くとき、一定の期間でいくら取り崩すことができるかを計算します。 計算式 資本回収係数を用いて計算します。取崩可能額 = 資金 × 年金現価係数資本回収係数 = 年利率 ÷(1 ー (...
資産運用

普通預金で利息がもらえる最低預金額の計算

都銀の普通預金では、半年に1回利息が組み入れられるので半年に1円以上の利息がつく金額を預け入れしておく必要があります。 計算例 年利が0.02%とすると半年ではその半分の0.01%となるので、1円以上利息がつくには1円 / 0...
資産運用

株式投資における利回り計算

株式投資時の配当金及びキャピタルゲインによる利回りを計算します。 計算例 例)株価1900円を100株購入し1年間運用した。現在、株価が1950円、1株あたりの配当金が60円が得られた。この株式投資の年間利回りは? キャ...
資産運用

毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

毎年生活費として、一定の金額を取り崩して行くときに年金などの資金がいくら必要となるかを計算します。 計算式 年金現価係数を用いて計算します。必要資金 = 取崩額 × 年金現価係数年金現価係数 = (1 ー ((1 + 年利率)...
資産運用

公社債投資信託の売却時の受取額計算

公社債投資信託を売却して、換金する場合の計算をします。信託財産保留額及び税金を考慮して実際に受け取る金額の計算を行います。 公社債投資信託を途中売却する場合、「解約」と「買取」の2種類がありますが、「買取」のケースはあまりないため、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました