税金関連

年金にかかる税金計算

老後の年金は「雑所得」となり、所得税と住民税が課税されることとなっています。 ただし、収入が公的年金のみの方で公的年金を受給する際、65歳に満たない方は受給額が108万円以下、65歳以上の方は受給額が158万円以下(下表の公的年金等...
資産運用

貯蓄がある場合の目標額に達するために必要な積立額計算

住宅や車などの頭金を準備する場合に、貯蓄と目標額との差額に対していくら積み立てて行けばよいのかを計算します。 計算例 例)住宅購入を行うために、現在300万円あるが、5年後に資金として500万円準備したい。金利1%で運用すると...
社会保険

厚生年金保険料の計算

日本では、すべての国民がなんらかの公的年制度の対象者となる国民皆年金制度をとっています。サラリーマンなどの会社員は、第2号被保険者となり厚生年金保険料を納めることで、国民年金(基礎年金)と厚生年金の2階建て年金が支給される(はず)。(今後...
社会保険

雇用保険料の計算

雇用保険は、失業時の手当や雇用の継続に必要な給付を行う保険です。保険料は、保険料の一部を労働者が負担し、残りを事業主が負担します。 雇用保険料の計算式(平成28年更新) 雇用保険料 = 年収(給与+賞与)× 雇用保険料率 ...
税金関連

ふるさと納税

生まれ育ったふるさとに税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないかという想いでできたのがふるさと納税です。 ふるさと納税すると2000円を超える部分について所得税の還付や住民税の控除を受けることができます。例えば、50,000円...
社会保険

健康保険料の計算

健康保険には、全国健康保険協会(協会けんぽ)、組合管掌健康保険及び国民健康保険があります。 協会けんぽでは都道府県別に健康保険料率が異なります。平成23年度の平均保険料率は9.5%になり、事業主と折半します。 組合管掌健康保険...
税金関連

所得税の計算

所得税計算上の所得は、利子所得、配当所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、不動産所得、譲渡所得、一時所得、雑所得の10種類に分類されます。ここではサラリーマンとして一つの企業からの収入いわゆる給与所得だけを得ているとします。所得税...
資産運用

元本を一定期間、複利運用したときの金額計算

定期預金等で元本を一定期間、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  複利運用するときの係数は、終価係数を用いて計算します。 金額 = 元本 × 終価係数 終価係数 = (1 + 年利率)^年数 ...
資産運用

毎年一定金額を取り崩すときに必要となる資金計算

毎年生活費として、一定の金額を取り崩して行くときに年金などの資金がいくら必要となるかを計算します。 計算式 年金現価係数を用いて計算します。必要資金 = 取崩額 × 年金現価係数年金現価係数 = (1 ー ((1 + 年利率)...
資産運用

株式投資信託の損益分岐点計算

株式投資信託は、申込手数料、信託報酬、信託財産留保額等の手数料及び分配金や売却益にかかる税金がかかります。損益分岐点を求めるために手数料及び税金を考慮して計算します。 計算例 例)基準価格10,000円で100,000口購入し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました