資産運用

貯蓄がある場合の目標額に達するために必要な積立額計算

住宅や車などの頭金を準備する場合に、貯蓄と目標額との差額に対していくら積み立てて行けばよいのかを計算します。 計算例 例)住宅購入を行うために、現在300万円あるが、5年後に資金として500万円準備したい。金利1%で運用すると...
資産運用

元本を一定期間、複利運用したときの金額計算

定期預金等で元本を一定期間、同じ金利(年利)で複利運用したときの金額を計算します。 計算式  複利運用するときの係数は、終価係数を用いて計算します。 金額 = 元本 × 終価係数 終価係数 = (1 + 年利率)^年数 ...
資産運用

株価損益分岐点計算

株価の売買には手数料及び株式譲渡益課税がかかるため、同じ株価で売買すると損失となります。このため、手数料及び税金を考慮して損益分岐点を求めます。 計算例 例)株価1500円、株数100株を購入したときに手数料と税金を考慮して、...
資産運用

目標額に達するために必要な元本計算

将来の目標額に達するためには現在いくらの資金を何%で複利運用すればよいかを計算します。 計算式  現価係数を用いて計算します。 元本 = 目標額 × 現価係数 現価係数 = (1 + 年利率)^(年数 × −1) 計算例...
資金計画

元利均等返済で返済回数を変えた時の月返済額の差

元利均等返済による住宅ローンなどで、返済回数を変えるとどれぐらい返済額に差がでるのかを計算します。 計算式 毎月の返済額 = (借入金額 - 頭金) x 金利 x (1+金利)^返済回数 / ((1+金利)^返済回数 − 1)...
資産運用

投資信託の実現利益計算

投資信託の売買時の手数料及び税金を差し引いた実現利益を計算します。 株式売却時の実現利益計算 例)基準価格1500円で100株を購入し、株価1600円で100株すべてを売却したときの実現利益は? 前提条件 株式購入...
税金関連

住民税の計算

道府県民税と市町村民税を合わせて住民税と呼びます。住民税は、前年の1月から12月までの所得に対して課税されます。このため、社会人1年目は徴収されず、退職後に給与がなくとも前年分の所得に対して課税されます。キャッシュフロー表にも忘れずに記入...
資産運用

目標利回りを得るための外貨売りレート計算

預入時為替レート(TTS)と円建て利回りを想定し、その利回りを得るための満期時為替レート(TTB)を計算します。 計算例 例)米ドル 1年、年利1%で定期預金をした場合に為替差益を含めて実質5%の利回りを得たい。満期時の為替レ...
資産運用

目標利回りを得るための株価計算

株式投資時に年間の目標利回りを設定し、目標を達成するための株価を計算します。 計算例 例)株価1900円を100株購入し目標利回りを10%としたい。1株あたりの配当金が60円が得られた。目標利回り10%を得るための株価はいくら...
教育関連

高校にかかる学費

高校にかかる学費は、下表のようになっています。ただし、令和2年度 都内私立高等学校(全日制)の学費の状況によると初年度に授業料、入学金、施設費等の合計で200万円近く必要となる高校もありますので、詳細は個別にチェックする必要があります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました